plus Orangeとは

印刷・デザイン業を生業とする株式会社オフィスサニーが運営する紙雑貨ショップです。

自社で独自に開発した紙「革のような紙」「印傳のような紙」を使ったさまざまな紙雑貨を展開しています。

【plus Orangeとバーコ印刷】

名刺や封筒などの通常の印刷業務をこなす毎日の中で「バーコ印刷」という紙の表面に凹凸をつける特殊印刷加工技術に出逢いました。バーコ印刷はアメリカで生まれた技術で、印字部分が乾かないうちに「バーコの粉」を振りかけ、約300℃のヒーターで熱処理をして印字部分を盛り上げる加工技術です。

盛り上がりにムラができやすい技術のせいか日本ではなかなか定番の加工技術として根付かず、名刺のロゴマーク部分を盛り上げる程度で使われていたこの技術を、plus Orangeではムラを最小限に抑えるようにノウハウを積み上げ紙全体に施し「革のような紙」を生み出しました。

のちに「印傳のような紙」も開発し、独自の紙素材を確立。
この2つの紙素材を中心に、さまざまなカタチ、用途の商品を、自社で企画・製造・販売しています。

【ワークショップも開催中】

モノづくりの楽しさを伝えるべく、この紙を使ったワークショップも毎週開催中。
見た目と手触りに特徴のある「革のような紙」「印傳のような紙」で作る商品は、心のこもった手作りプレゼントにも好適!

ワークショップは、弊社社長の「じゅんさん」がひとりひとり丁寧にアドバイスしながら、ものづくりを体験する楽しい時間です。

 

 

(くわしくはワークショップのページをご参照ください。)

【紙素材としても大好評】

商品を製造して販売するだけでなく、紙素材としても1枚から販売しています。
「印傳のような紙」「革のような紙」はペーパークラフトやカルトナージュの材料としても大好評!

毎月期間限定、数量限定で発表する新柄も人気です。

3月:さくら

4月:青海波+千鳥

5月:ばら

ブランド理念

1.「ものづくり」の楽しさを伝えていくブランドを目指します。

2.「プレゼントに最適!」をモットーに、お客様に喜ばれる製品を提供するブランドを目指します。