<菊花・黄色>=「無病息災」「延命長寿」

<菊花文様>は、菊の花びらが放射線状に整っているため、しばしば太陽になぞられ、邪気を払う長命の象徴として愛されてきました。

菊の花は古来より日本人に愛されてきた花です。平安時代には、九月を菊月と呼んで、九月九日の重陽の節句を「菊の節句」として、長命を祈る風習があったと、古典に記されています。

そして<黄色>は幸福の色。ビタミンカラーは気持ちを明るく、元気にしてくれる色です。<黄色の菊花>で邪気を払い、疫病にかからず、長命で、幸せに暮らせたらもう言うことナシですね!!!

関連記事

  1. <亀甲・緑> = 「健康長寿運」

  2. <瓢箪・抹茶>=「無病息災」

  3. <鱗紋・青緑>=「疫病除け」「魔除け」