<鱗紋・青緑>=「疫病除け」「魔除け」

疫病除けのご利益がある文様シリーズが続きます。

三角形や六角形は聖域を守る結界としての役目があり、魔除けの意味合いがあることは「籠目」の回でお伝えしました。

やはり人間は長い歴史の中で、未知のものから身を守ろうとする自衛の心があるようで、「魔除け」の意味合いを持つ柄はさまざまあります。

<鱗紋(うろこもん)>もその一つ。三角形の連続文様で、形が魚の鱗ににていることから<鱗紋>と名付けられました。鱗で「身を守る」「身を固める」との縁起にちなんで、魔除けの文様として愛されています。

関連記事

  1. <籠目・赤>=「疫病除け」「魔除け」

  2. <瓢箪・抹茶>=「無病息災」

  3. <麻の葉・漆黒> = 「魔除け」「護身符」